ダーツ投げる〜dartsが0から上達します〜

ダーツの用品のススメ

ダーツ用品については、東京都内や首都圏近郊に関しては、
いくつかショップがあり、試し投げができたり、商品を手に取ってみるしかありません。
それ以外では、各ディーラーが行っているBIGトーナメント等で出店しているところで、
購入するのが一般的です。
しかし、地方などではダーツショップなど、かなり足を延ばさないとショップには
行くことができない環境の方も多いと思います。

 

そこで、ダーツのオンラインショップを紹介したいと思います。




ハウスダーツとマイダーツの違い

飲みに行ったときに遊ぶためにダーツをする方は、
ダーツバーや漫画喫茶で準備されているハウスダーツで十分に楽しめます。
しかし、今までにダーツをやったことがあって、一緒に行った人と対戦した時に
悔しい思いをし、もっとうまくなりたいと思った方は、
マイダーツを購入することをお勧めします。
マイダーツを所有している方は、悔しい思いをして、
もっとうまくなりたいと思った方がほとんどです。
ハウスダーツよりも、ショップで売っているダーツのほうが重量が重く、
安定したスローを習得することができるため、
上達するためにはマイダーツを購入するほうがよいのです。

ダーツ用品のススメ記事一覧

バレルの選び方

ダーツ用品の中で一番高価なものがバレルです。ダーツにはブラスダーツ主に真鍮でできており、軽めで価格も安く手に入ります。バレルが太いので、初心者には握りやすくなっています。重心が前にあるものが多いので、綺麗な放物線になりやすいです。最初のうちは、ブラスダーツがオススメ。タングステンダーツニッケルとタン...

≫続きを読む

 

シャフトの選び方

シャフトは…素材・長さ・形状 3点の違いがあります。それぞれに特徴がありますので解説してまいります。素材・プラスチック(\500〜\900)・カーボン(\1,500〜\3,500)・金属・チタン(\10,000くらい)問題は、耐久性なんです。刺さらずに落ちた時にシャフトは折れるので…そりゃ、チタンが...

≫続きを読む

 

フライトの選び方

ここではフライトの選び方について解説してまいります。スタンダード名前のとおり最もポピュラーなデザインのフライトです。面積が大きく浮力もあるので、放物線を描く安定した飛びになります。ビギナー向けとして使われる他、飛びの軌道を確認したい中級者や上級者が使うこともあります。シェイプスタンダードと似た形状で...

≫続きを読む

 

ダーツケースの選び方

折り畳みタイプダーツケースを二つ折り・三つ折りにする事で、収納力を保ちつつコンパクトに持ち運びができるように設計されたタイプです。一番普及しているタイプであり、デザインも豊富なので最初に持つダーツケースとしては適任と言えます。コンパクトな見た目ながら、展開する事で沢山の消耗品やダーツカード等のプレイ...

≫続きを読む

 

家投げ用ボードの選び方

ソフトボードハードボード本体価格\24,800\6,500材質プラスチック麻大きさ約15.5インチ約13.2インチメリット・ボードの重量が軽い・業務用ダーツマシンとボードサイズが同じ・機種によっては計算機能が付いている・ダーツがささる音が静か・ソフトボードよりも弾かれにくいため、ダーツが落下しご自宅...

≫続きを読む