ダーツ投げる〜dartsが0から上達します〜

ダーツの基礎知識

こちらのページではダーツの基礎知識を、グリップ・スタンス・フォーム・練習場所の4つに分けて解説してまいります。
ダーツの上達には、それぞれの体のパーツの使い方がうまくできるかどうかで決まります。
それぞれの動きが、一連の動作として連動して動くことで思ったところにダーツを飛ばすことができるのです。
ここでは、それぞれの動きを説明してまいりますので、ダーツの基本を身につけていただけるようにいたします。
しかしながら、
一番大事なことは、自分が投げやすいように投げることです。
日本人は、これらの3点をすごく気にして、マスター出来ると完全にダーツが上手くなると思いがちですが、
欧米の選手は、基本投げ方はかなりテキトーです(笑)
テキトーですが、毎回同じように投げるのです。変なフォームで毎回同じように投げれるのです。
問題は、再現性が高いかどうかです。
再現性が高い基本フォームを作ってまいりましょう。
それでは記事へどうぞ

基礎知識記事一覧

グリップ

ダーツのグリップについては、3種類ありますがそれぞれご説明してまいりましょう。ツーフィンガー(ペンシル)スリーフィンガーフォーフィンガーまずは、2フィンガーからですが、ほとんどいません。天才型タイプです。どちらかというと、鉛筆持ちが2フィンガーに割と近いと思います。しかし、3方向からダーツをホールド...

≫続きを読む

 

スタンス

スタンスとは、ダーツを投げる時の下半身の構えのことです。フォームの土台であり、ダーツを投げる上でとても重要なものです。自分が一番楽だと思う体勢を覚えましょう。ミドルスタンス足をスローラインに対して45度くらい開きます。上半身も45度くらいに傾ければ、非常にボードが見やすい状態になります。ターゲットと...

≫続きを読む

 

フォーム

ダーツのフォームは、セット、テイクバック、リリース、フォロースルーと4つのパートから成っています。4つのパートをそれぞれ解説していきます。セット狙うポイントと持っているダーツ、右目(左投げの場合は左目)を一直線上におきます。基本は手、肘、膝、足先を一直線上に置き構えます。重心はほぼ100%前足に乗せ...

≫続きを読む

 

ダーツバーと漫画喫茶

ダーツの練習場所といえば「ダーツバー・ビリヤード場」「ゲーセン・漫画喫茶」この2タイプに分かれます。上達についてはどちらで練習してもいいとは思います。というよりかはどちらも不可欠です。なぜでしょうか?上達に必要なものは、「ライバル」と「投げ込み」なのです。「ライバル」についてダーツバーでは色んなレベ...

≫続きを読む